昨年6月に腎臓移植したドナーのブログ

ドナーの立場から腎臓移植に関する事を書いていきたいと思います。レシピエントは弟です。

今度は弟の誕生日

5日は、弟の誕生日だった。



洋服のセンスがないから、シャツを2枚プレゼントした。




プレゼントを渡すと




えっ、いいのに、、、。

お金使わせちゃったね。

ありがとう(^.^)大事に着るね。





弟にプレゼントを渡したのは、もしかしたら、初めてかもしれない。


たぶん、、、、。




なんだか、今回の誕生日は特別な感じだったから、お祝いしてやりたい気分だった。




2年前だったかな?



弟が、



俺、透析になるって





って言ってきたのは。




それまでは正直、弟とは、あまり頻繁に会う事もなく、電話で一年に数回しゃべる位だった。




私は、そんな状況になっているとは、全く知らなくて、とてもビックリした。




はっ、うそ?

なんで?

そんな訳ないら?


先生が、大げさに言ってるんじゃない?




セカンドオピニオンをすれば、良かったけど、紹介状とか書いてもらう時間が待てなくて、





市内の他の病院に、どこにも病院に行ってないってうそついて、見てもらった。



そうしたら、



よくこんなになるまで、病院に行きませんでしたね。

近いうちに透析になるでしょう。




えっ、でもそれは、まだ先ですよね?10年とか?

食事に気をつければ、大丈夫ですよね?

と、先生に食い入るように私が聞いた。




う〜ん、そうですね。

でも、最終的には透析になります。




やはり、他の病院でも同じ事を言われて、二人で肩を落とした。




姉さん、迷惑かけるね。

俺は、透析は嫌だ。

頑張って、食事療法をするよ。



って、弟。




でも、俺になんかあったら、姉さんにあとの事を頼むでね。

俺の生命保険を使って、頼むね。




もう、死が近づいているように、言うから、怒ってやった。





そういう話をするじゃない!

世の中には、お前より大変な人は、たくさんおるだぞ!

ちょっと腎臓が悪いだけで、そんな簡単に諦めるな!

いろいろ方法はある!


まだ、お前は若い!

いろんな可能性だってある!

医学も進歩している!


今度、そんな風に弱気な発言したら、もう、お前の事は、知らんでな。

勝手にやれ!




、、、、、、、、、、、。


弟は、黙って話を聞いてる。






まず、今からやらなきゃならんのは、食事療法を頑張る事だぞ!


自分で塩分とか、難しかったら、いろんな専門の業者があるから、そこで買えば?ネットでも、売ってるら?




、、、、、、、、。

うん、わかった。





そして、弟は、最初の病院に戻って、

管理栄養士さんから栄養指導を受けた。




しばらく、頑張ってやっていた。


すると先生から、


凄くよくなったね。奇跡に近い。どうやって、こんなに数値が下がったの?


って言われた。


クレアチニンが4.5位から、2.8位に

下がった。



これなら、透析しなくても、このまま様子見てもいいよって言われた。



少し安心した事もあった。




だけど、、、、、、。


それも長くは続かなかった。


弟は、管理栄養士さんから言われた通りのおかずを一年近く、毎食同じ物を食べて、ストレスから、インスタントラーメンを食べたりしていた。

もちろん、スープは飲んでなかったようだったが。



毎回食べてた物


野菜をゆでたものに油をかけただけのもの。

(高い油で、身体にいいやつ。名前は忘れちゃった)


ほっけ 50g




これをずっと続けて、さすがにいやになったらしい。



そりゃ、そうだけど。


バリエーションは、考えつかないのだ。


たまに、ネットで買ったり、専門店で買ったりしてたけど。




そんな生活をしていた。





そして、

私に電話をかけてきた。



姉さん、俺の腎臓は、5だって。



えっ、何が5?




俺の腎臓の働きが100のうち、5しか機能してないって。





、、、、、、、、、、、本当?





うん。今日、先生に言われた。

先生から、今後の事を話したいから、家族を呼んで下さいって。

姉さん、来てくれる?






うん、いいよ。わかった。





そして、腎臓移植を知った。




そんな、日々から、今がある。





だから、今回の誕生日は、特別な思いだ。



弟から、

ありがとう、

本当に姉さんのおかげだよって。




もう、手術から3ヶ月たった。

早いもんだ。




良かったら、ポチッとお願いします。

↓↓↓