昨年6月に腎臓移植したドナーのブログ

ドナーの立場から腎臓移植に関する事を書いていきたいと思います。レシピエントは弟です。

母親の誕生日

数日前、母親の誕生日だった。


絶対に「金くれ」って言ってくると思っていた。



そして、誕生日の前日の夕方



夜勤明けで寝ていたら、




ピンポーン、ピンポーン




と、玄関のチャイムが二回なった。



2回鳴らすのは、あいつしかいない。


私は2回チャイムがなった時点で、ムカついてくるようになってしまった。




そして

こちらが返事をする前に玄関の扉を開けて




N(私の名前)〜!おかあちゃんだよ〜!








やっぱり、来た!




玄関で大きな声で、





明日、おかあちゃんの誕生日だもんで、呑みに行きたいもんで、お金もらいに来たよー!





うるさいわ!




もう💢

あんた、病みあがりだら?

呑みになんか、行けるの?








そうだよー、えらいよー💧









身体がえらいなら、やめればいいじゃん!






だってね〜、ママから電話がかかってきて、おいでっていうもんで(^。^)






ふん、知らんでね。

また、熱が出ても。





と、言って

預かっている父親のお金の中から1万円渡す。





数年前までは、自分のお金を誕生日のお祝いと思い、渡していたが段々アホらしくなり、父親のお金をさも自分のお金のように渡すようになった。母親にしてみたら、どこから出ても、お金はお金だから、大した違いはないのだ。







そして次の日は、

誕生日




また、朝早くから電話があり、






今日、おかあちゃんは誕生日だもんで、お昼にハンバーグが食べたいだけど。




って。






ふん、わかった。

あとで、連れて行ってあげるわ!





11時近くになり、また電話。





ねぇ、何時に連れて行ってくれるの?

もう、そろそろお腹すいてきた。



って。





カッチーン‼︎





こっちはこっちで忙しいの!

呑みに行けるぐらい元気だもんで、自分一人で自転車に乗って行ってきたら?

誕生日に一人寂しく、すきなハンバーグでもなんでも食べてきたら、いいじゃん!





もう💢いいわ!

行かんでいい!





って、逆ギレ。






しょうがなく、弟に電話する。






ババアがハンバーグ食べたいだって。

連れて行ける?





いいよ。





自分もなんか食べればいいじゃん。

塩分量がメニューに書いてあるから。

計算して、食べれば?






俺はいい。

車の中で待っとる。






ふ〜ん、いいの?

じゃあ、頼むね。







あとで、母親から電話があり、






ハンバーグ美味しかったよ〜(^。^)


って。







へぇ、良かったじゃん。




それで満足なら。

あとで、ケーキでも買って行ってあげようかな?って思ったけど、



やーめた!





面倒くさい。









私の誕生日はなんの音沙汰もなかったし。









まあ、別にいいけどさ!











良かったらポチッとお願いします。

↓↓↓