昨年6月に腎臓移植したドナーのブログ

ドナーの立場から腎臓移植に関する事を書いていきたいと思います。レシピエントは弟です。

これまでの経過2

そして、

ゴミ屋敷から引っ越しする為に4月に賃貸マンションに引っ越しをしました。



どれだけのゴミ屋敷だったかは、またの機会にお話します。


そして、3月後半に移植外科に弟と一緒に受診して、

腹膜透析で感染症を起こしてなかった事と、引っ越しを予定している事と、弟が腹膜透析の管から解放された時には、自由っていいなと思ったという言葉を聞いて、先生は安心して手術日を決めてくれました。


6月7日です。もうすぐです。


今日も移植外科に弟と一緒に受診してきました。


もう手術に向けて、走り出しているのに、診察室から出た弟から


本当にいいの?

まだ間に合うよ。

と言ってきました。


私の身体を心配をしてくれての言葉。


いいよ。だけど大事にしてよ。

と私。


長く持たせれるかどうかは自信がないらしい。糖尿病だから。

感染症と、塩分を取り過ぎない事と水分を充分に飲む事を守ってよと言ったら、それは大丈夫だ。今もやっているからとの事。


それならいいよ。


おねえは、喜んで腎臓あげるよ。


私も本当にちゃんと決心した瞬間でした。もう、怖くない。