昨年6月に腎臓移植したドナーのブログ

ドナーの立場から腎臓移植に関する事を書いていきたいと思います。レシピエントは弟です。

おねえは大丈夫

今日は

夜勤明けで先日検査した子宮癌の結果を聞きに行ってきた。


大丈夫陰性です。手術はもうすぐ?

と先生


はい。



そうですか。頑張って下さいね(^.^)



と優しいお言葉、



嬉しい(^.^)



その後

入院中の弟からメール


移植の事、迷ってるって先生に言ったら、ちゃんと姉さんと話しあってって言われた。


はあ💧

とうとう言ったか、前からちょこちょこ言っていたけど。入院したから、もう大丈夫だな、決心したなと思ったけど。


しばらくして先生から電話があり、


弟さんは、お姉さんに対して申し訳ないと言う気持ちでいっぱいみたいです。もう少し手術に対して前向きな気持ちがあればいいですが、それは全く感じません。


今、弟は尿毒症ですよね?



はい、そうです。



弟は全然自覚症状が出てないみたいで、体調も悪くないとか言っているので、やらなくてもいいみたいな、そういう事を言うのだと思います。



おそらく身体は手術後にはとてもすっきりとすると思いますよ。



わかりました。弟には手術に向けて、気持ちを整理するようにメールします。また、明日にでも顔を出します


と伝える。



弟とメールでやりとりすると、やはり私の身体が心配だから、血液透析をやっていくと言う。


あれほど、血液透析は嫌だと言っていたのに、気が変わったと言う。

血液透析のが、精神的に楽だと。





姉さんに何かあったら、、、、、、。

ただ、それだけみたいだ。







大丈夫だ!


おねえはいつまでも元気でおるよ。

ドナーになる事で真剣に健康の事を考えるようになると思うよ。


心配するな。


おねえは大丈夫。


ドナーの健康はレシピエントの願い。




私もドナーの一人として、元気な姿を腎臓移植を考える腎臓病患者やその家族の方々に見せていこうと思う。




腎臓提供によって、ドナーの健康が損なわれる事がないと言う事を証明していこう。




良かったら、ポチッとお願いします。

↓↓↓